アトピスマイルクリーム

アトピスマイルクリームは赤ちゃんも安心?乾燥肌に悩むベビーに使った口コミあり?

赤ちゃんにも多い、アトピー性皮膚炎。小さい赤ちゃんが痒そうにしているのに、強い薬が使用できないからと、歯がゆい経験をしたこともある親御さんも多いと思います。そんな中で、テレビ番組等でも取り上げられたこのアトピスマイルクリームですが、赤ちゃんにも使用することができるのか?その口コミは?これらを絡めて、まとめてみました。

赤ちゃんへ使用した際の危険性は?

赤ちゃんは刺激に対して弱く、敏感で、大きく反応することもあります。この為、強い刺激を控え、出来るだけ天然由来のものを使用したいところです。特にケアクリームで気になる成分として、添加物が入っていないか、ステロイドは使用されていないか、防腐剤等が入っていないかが気になります。防腐剤と聞くと、口に入れてはいけない、危ないという印象を抱きやすいですが、防腐剤としての役割でパラベンという成分が配合されています。こちらにも注目したいところです。また、アトピスマイルクリームを語る上で欠かせないのが、ライスパワーNo11という成分です。今回は、これらの成分に着目してみました。

 

まず、赤ちゃんへ使用する際に1番に気になるのは添加物ですよね。特に赤ちゃんは、肌のバリア機能が弱いため、化学物質や添加物との接触に注意を払う必要性があります。その点、アトピスマイルクリームは無添加・無香料ですので安心して使用することが出来ます。
次にステロイドですが、こちらも配合されておりません。この為、刺激性も弱く、赤ちゃんだけでなく家族で使用することが可能です。
最後に、パラベンですが、防腐剤として配合されています。赤ちゃんや敏感肌の子共には刺激のある成分として注意が必要ですが、実はパラベンは保湿剤だけでなく、おしり拭きやよだれ拭きシートにも配合されている成分です。陰部や万一口に入っても危険性が少ないものになっていますので、そちらも安心です。
最後に、ライスパワーNo11という成分ですが、実は厚生労働省が認め、水分保持機能の改善に効果があると言われている成分です。ライスという名前がついている通り、100%お米から作られています。自然由来の成分からできているので、その点も安心ですね。

 

刺激が強いものが含まれておらず、また天然素材や危険性が少ない成分で構成されているため、成分表記からは使用しても危険なものは配合されていません。しかし、刺激が弱いからといって、万人に共通して言えるわけではありません。強い穀物アレルギーの方や、刺激に弱い方には、合わない可能性もあります。使用前に、必ず自分の状態とその相性について検討する必要があります。

先輩ママの口コミは?

子育てをされているお母さんの何より信頼できる情報源は、実際に育児に取り組んでいる先輩ママの口コミです。もちろん、個人差はありますが、これらの情報をもとに購入をするという方も少なくないでしょう。口コミの中では、生後間もない頃から使用していたが、全く問題なく、アトピーも徐々に改善していったというケースが散見されました。
実際に使っている先輩ママがいること、特に過剰なアレルギー反応がでたというケースが無いこと、これらの情報が何より安心するのではないでしょうか。勿論、どの赤ちゃんにも使用することはできますが、中にはアレルギー反応が出たり、治りにくかったりという可能性もあります。合う、合わないがあるのは当然のことです。しかし、お話が出来ない時期の赤ちゃんに使用する場合は、受診した先のお医者さんもそうですが、まずお父さん、お母さんが判断を下さなければなりません。不安であれば、含有成分のパッチテストを行ってからにする等、しっかり吟味して頂く必要があります。
以下に口コミを記載します。

 

息子は産まれた時から肌が弱く、顔が真っ赤で悩まされていました。毎朝毎晩かゆみで寝ることが出来ず、病院ではステロイド剤をもらい、保湿にワセリンを塗っていましたが一進一退の状態でした。そんな時に偶然アトピスマイルクリームを知り早速購入しました。元々乾燥肌が原因だったので、朝晩たっぷりとアトピスマイルクリームを塗り、ひどくなるとステロイドで調整していました。今では、アトピスマイルクリームも時々塗るだけになりました。(30代女性)

 

アトピスマイルクリームを始めて使ったのは生後3ヶ月頃でした。頬の辺りが特に酷く、赤く炎症を起こしているところを中心にアトピスマイルをつけてあげました。嫌がる様子ではなかったので刺激はなかったのだろと思います。1週間ほど、つけて見ると自然にかさぶたができて綺麗な肌になりつつありました。(30代女性)

 

今回は、アトピスマイルクリームを赤ちゃんに使用した場合の危険性、先輩ママから得られた貴重な口コミから分析した内容をまとめました。成分としては、刺激が少なく、肌に優しい成分ばかりから構成されているものですので、安心して使用することが出来ます。しかし、肌に直接するものであるということ、また生後間もない赤ちゃんに使用する場合は、泣くという自己主張しか出来ない為、お父さんお母さんの判断が極めて重要となります。心配であればパッチテストを行うこと、また少しでも不安があるのであれば、主治医に相談してから使用することをオススメします。