アトピスマイルクリーム

 

子供から大人まで悩まされる方が多い「アトピー」と「アレルギー」。この二つが同じだと思っている方が多いようですが、実は違います。この二つの違いとは一体何なのかをご紹介させていただきます。

 

アトピーもアレルギーも他人事ではありません。自分や自分の子供が、これらの疾患に悩まされることになる可能性はあります。いざという時の為に、この二つの違いをきちんと知っておきましょう。

 

 

アトピーとは?

 

アトピーといえば、皮膚のかゆみです。小さな赤ちゃん期から発症することが多いのですが、最近は成人してからこの症状で悩まされる方も増えています。

 

原因は、食べ物であったり、生活習慣の中に潜んでいたり、体質やおかれている環境など様々なことがあげられます。「コレ!」と一つに絞られるわけではない上に、有効な治療法がきちんと確立していません。

 

症状に改善がみられて、治ったかなと思っても、また繰り返し同じ症状に悩まされる方が非常に多いやっかいな皮膚疾患です。

 

かなり強い痒みを伴うので、小さなお子様はついつい掻いてしまい、症状が悪化してしまう傾向があります。大人でも我慢できないほどの痒みなので、小さなお子様に我慢しなさいというのは無理があります。

 

治療方法は、炎症を抑えるために「ステロイド」が処方されます。ただ、長期間の使用によって副作用の可能性があるので、症状の様子をみながら使っていかなければいけません。

 

スキンケアも重要で、肌のバリア機能をアップさせるために、しっかりと保湿します。ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどが含まれたものを使用するのがおすすめです。さらに、紫外線は症状を悪化させるため、日焼け止め対策も必須となります。

 

 

アレルギーとは?

 

ある特定の原因物質が原因となり、赤いブツブツや湿疹、水疱、かぶれなどの症状現れます。人によってその原因物質のなるものは違いがあります。

 

・下着や衣類などの生地の繊維
・ピアスなどアクセサリー類の金属
・ある特定の食べ物
・シャンプーやリンスや化粧品などの成分
・特定の植物

 

などが原因物質として挙げられます。それらに触ったり食べたりすることで、症状を発症します。

 

アレルギーは、病院で検査をすることで、原因物質を特定することが可能です。原因となるアレルゲンがわかれば、それを取り除くことで症状を改善することができます。

 

 

アトピーとアレルギーの違いとは?

 

アトピーとアレルギーについてご紹介しましたが、違いにお気づきになりましたか?大きな違いとしては「原因」です。アレルギーは、特定の物質に触れたりすることで症状が現れますが、アトピーの原因はたくさんあり、様々な要因が重なり症状を発症します。

 

アトピーの方は、お肌が乾燥しやすい傾向があります。そのためしっかりと保湿をしないと、お肌はどんどん乾燥し、バリア機能が低下することで、外的刺激に反応しやすくなってしまいます。その結果、症状悪化につながります。

 

アレルギーは、原因物質(アレルゲン)がわかれば、それを日々の生活から取り除くことで、症状は改善されます。ですがアトピーは、原因を確定するのが困難で、治療法も確率されていないことから、一度発症すると繰り返す方が多いです。

 

症状を見た感じでは、アトピーもアレルギーもとてもよく似ているので、違いを見た目で判断するのは難しいです。

 

アトピーとアレルギーは違うものですが、アレルギー体質の方の中には、アトピーの症状を発症する方がたくさんいらっしゃいます。そういう点からみると、この二つは全く関係ないとはいえないのではないでしょうか。

 

この二つは違う皮膚疾患ですが、「保湿ケアが必要」というのは共通です。バリア機能を高めることで、外的刺激に強いお肌にすることができます。皮膚科でも白色ワセリンや、ヒルドイドといた保湿剤を処方してもらえます。市販のものでは不安な方は、皮膚科で出してもらうようにしましょう。

 

アトピーもアレルギーも、症状がでたらすぐに対処することが大切です。ちょっとしたことで症状はすぐに悪化してしまいますので気を付けてくださいね。