アトピスマイルクリーム

アトピスマイルクリームの成分を詳しく解析!驚くべき有効性について

アトピスマイルクリームとは、勇心酒造で製造・販売されているスキンケアクリームです。アトピー性皮膚炎や乾燥肌に効果があるとされ、2002年発売から大変注目をされています。

 

しかし、アトピー性皮膚炎や乾燥肌というのは肌の敏感さや弱さも気になる所なので、本当にこのクリームが自分の肌に合うのか効果はあるのかなど不安に感じる事もあります。

 

そこで、このアトピスマイルクリームはどの様な成分で作られているのか、またその有効性はどうなのか。口コミも含め、実際使った方の感想などを元に徹底解説していきます。

アトピスマイルの主な成分を解析

・ライスパワーNo.11…セラミド成分を自分の中で増やす事で水分を保ち外部からの刺激を防ぐ機能を上げる

 

・エチルヘキサン酸セチル…エモリエント成分、肌を柔軟にし安定性あるオイル

 

・ホホバ油…保湿と殺菌の効果があり肌に優しい

 

・オリーブ油…オリーブオイルから精製された医薬品、皮膚を保護する

 

・エチルヘキサン酸グリセリル…サラリとして肌への馴染みがとても良い脂

 

・べヘニルアルコール…菜種油から採取されるアルコール。乳化安定剤に使われるので安定性も高い

 

・メチルポリシロキサン…使い心地をなめらかにし、サラリとした油剤

 

・メチルパラべン…一般のパラベンに比べて肌の刺激がなく防腐剤として使用され、抗菌作用もある

 

・天然ビタミンE…メラニンの沈着を抑え、保湿・抗炎症・紫外線を防ぐなどの効果あり

 

・Lーセリン…保湿作用、肌を柔らかくしハリを与える

 

・グリチルリチン酸ジカリウム…刺激が少なく抗炎症・抗アレルギーの作用がある

 

保湿をして肌を柔らかくする成分が多く、炎症を抑える作用の成分にも重点を置いていて、ベタつきがない物を積極的に使用しています。乾燥肌やアトピーのカサついた肌を柔軟にし、たっぷりとした保湿をしてくれてアトピー用の炎症を抑える作用があるのもアトピスマイルクリームならではです。

アトピスマイルクリームの有効性

このクリームの主な成分がライスパワーNo.11です。これは医薬部外品の成分として厚生省で認められています。ライスパワーの効果としては、皮膚の水分保持機能が上がると期待されています。ですから、ヒビやあかぎれ、アトピーなどの乾燥肌の肌荒れを早く沈めてくれる効果が見込めるとされています。

 

保湿効果と言えば一般化粧品と何が違うのでしょうか。乾燥肌などは皮膚の働きが崩れているので、保湿目的だけの一般化粧品よりアトピスマイルの方が皮膚の働きを元に戻す効果が望めるという事です。

口コミによる評価

良い口コミ

 

・乾燥が酷く今まで効果の出たクリームはなかったのにアトピスマイルはベタつきも無く保湿力の高さを実感している。
・かかともスベスベ
・首周りのアトピーが改善された
・寝る前に塗ると翌朝肌の潤いがすごく目元の乾燥が良くなっている

 

悪い口コミ

 

・顔は赤くなりダメ。体はかゆみがなくなり良かった
・アトピーに効果はなかった
・目の周りに塗ったら痒くなった。それ以外は症状が良くなった。

 

 

自分の肌に合えばアトピー性皮膚炎にもいいようです。毛穴がわからなくなったと言う口コミもあり、一番多かったのはハリが出たりプルプルしたり保湿という事でお肌の水分を保ってくれる効果は高いという物でした。
そして肌に合わなかったという口コミは残念ですが、使ってみないとわからないというのは否定できません。顔は特に、今まで何か症状があるという場合は薬で落ち着かせてから使用するなど、主治医に相談される事をオススメします。

 

また、ステロイドをやめたい方は一気にアトピスマイルに変えるのではなく少しずつステロイドを減らして重ねてアトピスマイルを塗って量を調整して行くのがいいです。

 

 

アトピスマイルクリームにはライスパワーNo.11という厚生省でも認められているエキスが含まれているので、お米の力で皮膚の中の水分を保つ機能が改善され、症状が良くなっていく事を期待します。