アトピスマイルクリーム

赤ちゃんがアトピーになる原因は保湿?症状に合わせた予防を

赤ちゃんがアトピーになる原因は一体何なのでしょうか?保湿が原因だという説もありますが、それは本当なのでしょうか?原因や症状に合わせた予防法などをご紹介させていただきます。

 

赤ちゃんのアトピーは、みているだけでママもつらくなってしまいます。少しでも早くそのつらさから解放してあげるためにも、原因をしっかりと知って、正しい対策法をとってあげてください。

 

 

赤ちゃんのアトピーの原因とは?

 

赤ちゃんのアトピーの原因はたくさんあります。主な原因としては

 

・アレルギー反応を起こしやすい体質である
・皮膚のバリア機能が低下している
・ハウスダスト(ダニ)
・花粉
・ペット
・睡眠不足
・ストレス
・衣類と肌の摩擦
・細菌
・カビ
・季節の変わり目の気温の変化や乾燥
・アレルゲン含有食品
・母乳の開始時期

 

などがあげられます。こうしてみてみると、赤ちゃんを取り巻く環境の中に、たくさんの原因となるものが潜んでいることがわかります。

 

赤ちゃんのアトピーの原因が保湿であるという噂もあります。ですがそれは保湿が不足することで、乾燥状態になり、お肌のバリア機能が低下してしまいます。外的刺激を受けやすくなり、アトピーの症状がでてしまうということです。

 

 

赤ちゃんのアトピー症状

 

赤ちゃんがアトピーになると、

 

・湿疹がでる
・皮がカサカサになりめくれるようになる
・皮膚がふくらんだようになり厚みがでる
・皮膚に赤みがでてくる
・体液がでるようになりその箇所にかさぶたができるようになる
・手足の関節部分や耳の後ろや下の部分が切れてくる

 

というような症状がみられるようになります。初めのころは、頭、顔、首が中心なのですが、その後症状の進行とともに、手足や全身にもあらわれはじめます。

 

赤ちゃんのお肌はとても乾燥しやすく、最初は乾燥肌と勘違いしやすいのですが、湿疹のようなものがみられたら、アトピーも疑うようにしましょう。
早めに小児科や皮膚科などを受診させてあげてください。

 

 

アトピーを予防するための対策について

 

赤ちゃんのアトピーの原因は様々です。まず予防するうえで一番の対策は「保湿」です。赤ちゃんのお肌は乾燥しやすいので、こまめに保湿ケアしてあげることが大切です。保湿剤は市販されているものだけでもかなりの数になります。

 

多すぎてどれがいいのか迷うかもしれませんが、そういった時は「ベビーワセリン」を選んでください。保湿力も高く、おむつかぶれなどにも使用できるので、とても便利です。

 

保湿のポイントをまとめると

 

・お風呂上りには必ずしっかりと保湿剤をぬる
・1日3〜4回程度塗るようにする
・わきの下や耳の裏などもわすれないでしっかりと全身にぬる
・症状がよくなってきたからといってやめない
・毎日しっかりと塗ってあげる

 

になります。アトピーを予防したり、軽いアトピーの改善には保湿が必須です。しっかりと毎日塗ってあげるようにしましょう。

 

痒みやただれなどがでてしまっている場合は、まずは皮膚科を受診するのが確実です。市販のお薬を利用するという対策もありますが、お薬が合わなかった時のことを考えると、やはり専門の医療機関を受診するのがいいでしょう。症状にあったお薬などが処方されます。

 

赤ちゃんを取り巻く環境の中でアトピーを予防する対策としては、以下のようなものがあげられます。

 

・布団や衣類など肌にふれるものは清潔にする
・掃除や換気はこまめに行う
・お風呂のお湯の温度は、肌への刺激を少なくするためにも37〜38度
・身体を洗ってあげるときは優しく洗う
・赤ちゃんのおもちゃ、特に布製品は洗濯をしてあげる

 

赤ちゃんのアトピーは防ぐことができます。とにかくまずはしっかりと保湿してあげることが大切です。痒みがあるようなら、市販のお薬を使うのもいいでしょう。「ポリベビー」がおすすめです。1本あるとすごく便利なので、買っておくことをおすすめします。

 

アトピーは症状が出てから治るまで時間がかかります。痒みに苦しむ赤ちゃんをみたくありませんよね。しっかりと予防するようにしましょう。
また、アトピーと思われる症状が発生した場合、できるだけ早く専門医療機関(皮膚科など)で診てもらうようにしましょう。