アトピスマイルクリーム

アトピタはアトピー性皮膚炎に良いの?

アトピー性皮膚炎は赤チャン、乳幼児期に多い皮膚疾患です。もちろん大人にもある疾患ですが、肌の免疫が弱い乳幼児に特に多く見られるようです。赤くブツブツが出るとしだいにジュクジュクした痒みのある湿疹に変わっていきます。もちろん掻いてしまえば悪化する一方。悪化してしまえば他の物がしみたり余計につらい思いをしてしまいます。我が子がアトピー性皮膚炎であれば、少しでも早く治してあげたい・楽にしてあげたいと思います。もちろん専門医の指導が必要ではありますが、市販の物では「アトピタ」がアトピー性皮膚炎の方にかなりの評価を得ているのです。そこでそんな「アトピタ」について色々調べてみました。

 

アトピタとは

 

アトピタは、名前からしてもアトピー性皮膚炎を連想しがちですが、アトピー性皮膚炎の為に作られたものではないのです。掲げられている理念としては「ママも赤ちゃんもつらい乾燥肌の悩みを解決したい」「敏感な赤ちゃんの肌のトラブルをなくしたい」という思いからアトピー性皮膚炎だけでなく、肌トラブル全体に向けて開発された商品なのです。その効果がアトピー性皮膚炎に悩む方の願いと一致する事が多く見られ、口コミなどでも人気が広まっているのです。商品としては、全身に使えるローションや乳液、泡のボディーシャンプー、頭皮シャンプー、入浴剤、UVクリームなどがあります。肌の油分や水分の不足に着目して、赤ちゃんの敏感な肌をしっかり守れる保湿成分が全ての商品にたっぷり配合されているのです。ママのほとんどが何かしらの経験があるとされる赤ちゃんの肌トラブル。それだけ赤ちゃんの肌は少しの刺激でもバリア機能が壊れやすいのです。トラブルが起きていない時も毎日肌のケアをする事によって、弱まりやすいバリア機能を維持してつらいトラブルを事前に防ぐ事ができるのです。

 

アトピタの評価

 

ネットでもアトピタの評価はかなりたくさん目にします。アトピタの中でも人気の商品の口コミを集めました。
ベビーローション
・伸びが良く体全体に塗るのもとても楽です。毎日のケアに新生児から使っていますがトラブルはありません。
・5ヶ月の子供の急なお腹辺りの湿疹にステロイドを処方してもらいましたが、良くなっては振り返しをしていました。試しにこちらを使うとベタつきもなく使い心地は良く、翌朝には赤みがひいていました。乾燥による湿疹には試してみる価値はあります。
ベビーソープ
・乾燥の痒みで皮膚科で薬をもらっていますが、洗浄から見直してみようという事で使い始めました。もっちり泡で片手でも使えて便利です。泡が濃いので肌を擦る事もなく流す時もサッと泡が落ちるので気持ちがいいです。洗い上がりもしっとりもちもちです。
薬用入浴剤
・子供の体に湿疹のある時には、保湿重視の入浴剤でも他の入浴剤は染みるのかとても嫌がります。こちらはそんな事はないようです。しばらく続けていますが、湿疹が落ち着いてきたようです。

 

アトピー性皮膚炎への効果

 

アトピー性皮膚炎であるのかどうかの判断は病院の医師に任せて、その原因が乾燥による場合はアトピタがかなりの確率で効果を発揮するようです。アトピー性皮膚炎と診断をされたお子さんにアトピタを使用した体験談を見てみます。元々肌がガサガサで乾燥していたのがやはり痒みを伴うようで、掻き始めると湿疹やトラブルに繋がっていました。病院の保湿剤では間に合わず、ボディーシャンプーも保湿重視の物を使いましたがお風呂上がりにすぐまた乾燥してくるようでした。余りに酷い時には病院のステロイドも使用しましたが、毎日のケアとしてアトピタを取り入れてみました。入浴剤からボディーシャンプー、お風呂上がりのケアもアトピタにしてみると今までの乾燥による悩みが一気になくなったのです。お風呂上がりの乾燥が劇的になくなりました。もちろん個人差はありますが、乾燥が原因であればまずは保湿が最優先なので一度試してみる事をおすすめします。