アトピスマイルクリーム

アトピスマイルクリームはステロイド剤が入っている?

テレビでも紹介され、アトピー性皮膚炎や乾燥肌の他人に効果があると人気のアトピスマイルクリーム。そういった敏感肌で体や顔にも肌荒れが出ている方は、病院で処方されるステロイド剤を使用した事がある、と言う方も少なくないと思います。更にステロイド剤を使用し、一旦はよくなるがまた症状が繰り返すという経験をされた方もいるのではないでしょうか?そんな風に繰り返す酷い肌荒れにも良いとされるアトピスマイルクリームには本当にステロイド剤が入っていないのでしょうか?ステロイド剤無しで本当によくなるのでしょうか?

アトピスマイルクリームにステロイド剤は入っているのか

結論から言うと、アトピスマイルクリームにステロイド剤は一切入っていません。しかし、アトピー性皮膚炎など酷い症状の方も効果があったという口コミもたくさんあります。

なぜステロイド剤無しで効くのか

酷い症状でも使い続ける事によって改善された、との報告がたくさんあります。
ステロイド剤無しの安全な成分でなぜ効果が出るのでしょうか?仕組みを調べました。

 

肌荒れの一番の原因は?

 

アトピー性皮膚炎や乾燥肌の症状で一番大変なのは何よりも「かゆみ」です。よく言われるのが痛みはある程度我慢できてもかゆみは我慢できない!という話です。そのつらいかゆみの原因となるのは何なのか…。それが肌の乾燥なのです。かゆくなると我慢できずにかいてしまう、そうすると肌の保護機能・自らを守る機能(バリア機能)が壊れてしまい更にかゆくなる。そしてもっともっとかいてしまう…。といい事はひとつもありません。そこでこのかゆみをおさえるのがアトピスマイルクリームなのです。人間の肌のバリア機能は外からの刺激などから体を守る一方、体内の水分の蒸発を抑えてくれるのです。かゆみの原因が乾燥ならば、肌の乾燥を止める事でかゆみも止める事ができるのです。それがステロイド剤の様な一時的な対処ではなく、壊れたバリア機能そのものを回復する事がアトピスマイルクリームの目的なのです。

 

ステロイド剤無しで効く理由

 

それは「ライスパワーNo.11」という成分でこの様な効果が出ているのです。これは厚生労働省でも認められている医薬部外品の成分で、水分を保つ機能を元に戻し、バリア機能を更に高めてくれるというものです。
アトピスマイルクリームの製造・販売元である勇心酒造が長い年月をかけてお米の研究わ重ね開発された安心できる成分なのです。
要は、表面の傷は早く治してくれるかもしれないけど根本的な治療にはならないステロイド剤と比べて、ライスパワーは表面の傷プラス肌の機能を正常な状態に戻してくれるので、原因を治す根本的な治療に繋がると言えます。

効果がなかったという口コミは?

中にはアトピスマイルクリームで効果がなかった、脱ステロイド剤を目指して使ったが効き目はなかった、という話も聞かれます。なぜなのでしょう?今まで長期間ステロイド剤を使っていた人が突然ステロイド剤をやめてしまった場合、急に症状が悪化する事があるのです。そこで対策としては、突然ステロイド剤をやめる事はしないで少しずつステロイド剤の量を減らしてアトピスマイルクリームの量を増やして行くのが望ましいのです。重ね付けです。そうする事によって急に症状が悪化する事もなく、少しずつアトピスマイルクリームに切り替えて行く事によって症状が良くなって行くのです。
また肌が脂っぽくなった、と言う口コミもありました。顔などは特に若い人など元から脂っぽくなるTゾーンなど肌質や場所によって量を加減して様子を見ながら使って行くと症状が良くなっていくのです。
これらの様に、使い方を間違えない様にして使用する時のちょっとした工夫でステロイド剤無しのアトピスマイルクリームの効果を充分感じたいですね!