アトピスマイルクリーム

アトピーにステロイドは有効なの?塗り始めると止まらない副作用について

ステロイド剤は様々な全身のお肌のトラブルに処方されています。中でもアトピー性皮膚炎は長期に渡り悩まされる事が多く、ステロイド剤を大量に使わなくてはならない程大変な症状の場合もあります。今は湿疹や痒みを伴う肌荒れなどには当たり前の様にステロイド剤が使われますが、アトピー性皮膚炎には本当に効果があるのでしょうか?また副作用なども叫ばれていてステロイドを使い始めるとやめる事ができなくなる様な話もあります。しかし長期使用が不安なイメージのステロイド。そこでアトピー性皮膚炎の場合のステロイドの効果や副作用など使い方について調べました。

ステロイド剤を知ろう

ステロイド剤と聞くと良し悪しのイメージが様々あるようですが、アトピー性皮膚炎に限らず皮膚の炎症を鎮めるには大変有効な薬なのです。ただ、使い方を間違えると副作用を引き起こしたりする場合もあるのでまずは知る事が大切です。
そもそもステロイドはホルモンであり、体内の副腎皮質で毎日一定量が生産されているのです。このホルモンは体に起きた様々な炎症反応を抑えてくれたり免疫のバランスを保ってくれたり私達の体にはなくてはならないホルモンなのです。このステロイドホルモンを人工的に作ったものが病院などで処方されるステロイド剤なのです。体内で作られるホルモンと同じで、ステロイド剤も免疫抑制作用と坑炎症作用があります。免疫抑制とは、人間の体は外部から異物が侵入するとそれを排除しようとする免疫が働きます。素晴しい機能なのですが時に煩わしい働きをする事があります。アレルギー反応です。例えば花粉症などは外部から侵入した花粉を排除しようとしてくれるのはいいのですがくしゃみや鼻水が止まらなくなってしまいます。この様な不都合な免疫の働きを抑えてくれるのです。坑炎症とは、炎症を抑えてくれる働きです。炎症を起こした患部は赤く腫れたり痒みが出たり熱をもったりします。火事で炎が燃え盛っているイメージでこの炎を消してくれるのが坑炎症作用なのです。この二つの作用の中で気を付けなければならない事があります。免疫抑制作用は不都合な免疫を抑えてくれるのは有り難いのですが必要な免疫も抑え込んでしまう場合がある事、坑炎症作用は炎症は即座に鎮めてくれますがその炎症の根本の原因が治った訳ではない事を忘れないでもらいたいのです。そこを理解して上手な使い方をすればステロイド剤は大変優れた薬だと言えるでしょう。

アトピーにステロイドは有効?

有効です。もちろん正しい使い方と理解が必要となります。まず皮膚に最初に必要なのは痒みや炎症を抑えて眠れない程のつらい症状をなくす事です。腫れ上がったりジュクジュクしている期間をいかに短く済ませるかなのです。子供の場合痒みがあれば我慢するのは至難の技。掻けば掻くほど症状は悪化します。そこで少し強めのステロイド剤を使い短期間で痒みをなくし炎症を鎮めます。ステロイドの強さは5段階あります。ある程度症状が治まったらステロイド剤を弱めていきます。ここで急にやめるのではなく徐々に弱いものに移行したり塗る量を減らして行ったりします。そして皮膚が元に戻るまで塗り続けます。これが理想的なステロイド剤の使い方です。

副作用の問題

まず、ステロイド剤に於ける副作用とは何をさすのでしょうか。実はそれは短期間の使用であれば全く無縁なものなのです。症状にもよりますが長期間に渡る使用をして行く中で突然ステロイド剤の使用を中止したりするといわゆるリバウンドと呼ばれる現象が起きます。これを副作用としているのです。これは長期間外部から与えられるステロイド剤・副腎皮質ホルモンに頼っていると体内での副腎皮質ホルモンの生産がなくなってしまうのです。そこで外用薬の使用を中止すれば急に副腎皮質ホルモンが一切無くなり今まで抑えられていた炎症や症状がまた一気に再発してしまうのです。また、怖がって最初に弱いステロイド剤を使ってもなかなか症状が改善されず、その内にその強さのステロイド剤に体が慣れてしまい更に強いステロイド剤でないと効かなくなってしまったり。そうなると強いステロイド剤を延々と使用するしかない状況に陥ってしまいます。ステロイド剤は症状を和らげるだけであって、根本の原因を解消するのではありません。ですから一番大切なのは、ステロイド剤で症状が和らいでいる内にライフスタイルを見直したり体質改善に努力したりその症状の原因を併せて解決して行く事なのです。痛みや痒み赤み腫れなどの煩わしい症状を一時的に取り除くにはステロイド剤は大変効果があると言えます。