アトピスマイルクリーム

アトピー皮膚に効果的な化粧水を選ぶポイントとは?

アトピー性皮膚炎の方にとって悩みの種である化粧水選び。化粧水によっては染みたりして刺激を感じたり痒みが出てしまったりする場合もあるので、化粧水選びには苦労されている方が多いようです。しかし何も使わずにいるのは乾燥もするし何よりアトピー性皮膚炎には保湿が大事なので困ってしまう…。そこでアトピー性皮膚炎の方が失敗しない化粧水選びのポイントをまとめました。ただ染みない・痒くならないだけではなくアトピー性皮膚炎の症状を良くしてくれるものであれば尚更良いですね。

アトピー皮膚が避けるべき成分

アトピー性皮膚炎の方が化粧水を選ぶ上で一番大切なのがつけてはいけない成分です。症状が悪化しないだけでなく改善も期待したいのでここは徹底的に避けたいと思います。化粧水にはよく含まれる成分ですがアトピーを悪化させる可能性があるものです。
・エタノールをはじめアルコールの成分全般…つけた時に刺激も感じますし揮発性がとても高い為にアトピーの皮膚には大切な水分を蒸発させてしまうのでとても乾燥してしまうのです。化粧水は保湿剤なはずなのになぜ蒸発?と思われますがエタノールが急激に気化する事によって清涼感を感じさせたりスッと肌に馴染む錯覚を起こさせたりするのです。これは使い心地の問題ですね。普通の肌には悪影響のない分量の配合になっていますが、アトピー肌に使用したら…。
・ミネラルオイル、パラフィンなど石油から作られた成分…アトピー肌はミネラル不足と言われるので一見良さそうに聞こえるのですが実際は製造段階でミネラルは失われ更にはオイルクレンジングでしか落ちないのです。これで肌に蓋をして保湿されたように思いますが肌に残ったこれらの成分は酸化してしまいアトピーに確実に悪影響を及ぼします。
・プロピレングリコール…これはPGと表記される事がありますが安価な商品によく含まれ発ガン性も指摘されアトピー肌には特に刺激が強いと言われます。
・防腐剤…これにアレルギー反応を起こす場合もあり一度で症状が爆発する事もあります。
・界面活性剤…元から肌にあるバリア機能を弱めたり溶かしたりして化粧水成分を浸透させる役割の為バリア機能が正常よりも弱いアトピー肌には絶対に避けるべき成分です。

アトピー皮膚の化粧水を選ぶポイント

避けるべき成分は表記をチェックしてしっかり避けましょう。更に注目したい項目がこちらです。
・無添加…添加物として含まれる着色料や香料も避けましょう。アトピー肌には引き算、とよく言われますが、様々な物を摂取したり塗ったりするのではなく余分なものが入っていないのが一番です。
・抗炎症、抗菌作用…これは重要です。炎症が起きている肌にいくら保湿剤をつけた所で正常に浸透はされません。それどころか本来なら良い成分のものでさえ炎症を悪化させてしまうかもしれないのです。バリア機能が崩壊し弱っている皮膚に色々な菌が繁殖してしまっているのがアトピー皮膚なので、まずはそれを減らして抗菌作用で繁殖させないのが先決です。
・肌に合った保湿剤…一言で保湿成分と言っても無数にあります。無添加を勧めましたが天然な成分でも体質次第では合わない場合もあります。これはアトピー性皮膚炎がアレルギー疾患である事に関係します。例えば花粉症の方にフラワーオイルやエッセンスが良くないように自分が何に弱いかわかっている場合はそれらも避けるようにしましょう。わからない場合は極力シンプルに肌に負担をかけないような保湿化粧水を選びましょう。

アトピー皮膚にお勧め化粧水

実際に使用された方たちの口コミの上位お勧め化粧水です。
・みんなの肌潤ろーしょん
・saeru
・ベルオー オージュンヌ
・無印良品 化粧水敏感肌用高保湿タイプ
・NOV オリゴマリンローションs
・キュレル化粧水V
こちらのお勧め化粧水も染みてしまうという方は手づくりの化粧水もいいです。シンプルに水とグリセリンだけで作ります。アレンジとして尿素やヒアルロン酸などを入れる事もできます。防腐剤は入れないので冷蔵庫保管で作成から1〜2週間で使いきりたいです。